【剣盾S8 シングル最終501位(2002)】 初手ダイマコバルオン

構築&成績

f:id:r855:20200724181233j:plainf:id:r855:20200802135738p:plain

構築経緯

ポケモン大量解禁に伴って、今季は最後まで環境が固まらないと思い、ある程度脳死で立ち回れる初手ダイマックス型の構築を組むことにしました。

ダイマックスエース

ダイマックス枠としては読まれづらく、ある程度の火力と耐久を持ち合わせることを重視してを採用。


・非ダイマックスアタッカー

火力、素早さ、技範囲、先制技を持つを採用。


・詰め&ごまかし枠

前期から続投のを採用。途中で色々試したけど結局この2体は外せなかった。


・対受けループ

受けポケモンを読まれずに嵌められ、ピン差しのアタッカーにも対応できるを採用。

個体紹介

コバルオン

f:id:r855:20200724191348p:plain

特性 せいぎのこころ
持ち物 いのちのたま
性格 ひかえめ
実数値 179(104)-99-149-156(252)-93(4)-147(148)
調整意図

HD:残り

C:振り切り

S:最速抜き、1段階上昇で最速抜き

技構成

てっていこうせん

きあいだま

ボルトチェンジ

エアスラッシュ

何年も前のBW2から連れてきた構築の絶対的エース、今程シングルで活躍できる機会はないと思ったので、早い段階でエースとして使うと決めていました。

基本的には初手でダイジェットから入って、ダイマックス後にてっていこうせんで退場する。後ろで処理しづらいを構築単位で初手に誘いつつ早めに処理する狙いもある。

物理受けのが飛んでくることが非常に多く、初手のダイジェット+(ダイスチル)(ダイナックル)

(ダイサンダー)で処理できるのが強かった。

耐久に振られるとダイマックスを対面で処理し切れないが、相手のダイマックスを初手で切らせた上でこちらはで能力上昇した状態をコピーできるので問題なかった。

9割型選出して初手でダイマックスしていたが、一つだけ問題があるとすれば、ダイマックスが切れた後に格闘技を打ちたくて「きあいだま」を外したせいで負けることが多かったこと。お願いだから「はどうだん」使わせて...


ポリゴン2

f:id:r855:20200724195638p:plain

特性 ダウンロード
持ち物 しんかのきせき
性格 ひかえめ
実数値 189(232)-76-110-172(252)-116(4)-83(20)
調整意図

H:残り

C:振り切り

S:同速意識で気持ち多めに

技構成

はかいこうせん

ほうでん

シャドーボール

ソーラービーム

出番は少なかったが、系統が重い時や初手でダイマックスを切れない時、入りの構築に選出していた。

はかいこうせん」と「ほうでん」が確定で、「シャドーボール」は辺りへの打点。最後の1枠は「じこさいせい」と迷ったが、構築に草技がなかったのと、の処理ルートが少なく、荒らされない為に「ソーラービーム」を採用。

ダウンロードでCが上がった時の火力がすさまじく、耐久型だと思って出てきた相手のエースを何度も吹き飛ばしてくれた。


エースバーン

f:id:r855:20200701180357p:plain

特性 リベロ
持ち物 きあいのタスキ
性格 いじっぱり
実数値 159(28)-184(252)-95-76-95-168(228)
調整意図

H:余り

A:振り切り

S:最速抜き

技構成

かえんボール

とびひざげり

アイアンヘッド

ふいうち

昨季使ってた調整で今季はタスキアタッカーとして採用。

序盤は「アイアンヘッド」の枠が「カウンター」だったが、特殊の台頭や物理環境だった昨季よりは特殊アタッカーが増えたこともあって「カウンター」は通りが悪くなったので変更。

結果的にはまたもや増加したへの弱点、への等倍、命中安定、タスキ枠として砂ダメージ回避、ひるみで負け確の試合をたまにひっくり返してくれたりと使い勝手はかなりよかった。

最速だと 辺りをはじめ、全体的に火力不足だったのでいじっぱりにしてますが、に上を取られることには要注意。


デスカーン

f:id:r855:20200724203451p:plain

特性 ミイラ
持ち物 じゃくてんほけん
性格 おだやか
実数値 165(252)-49-165-115-166(204)-57(52)
調整意図

H: 振り切り

D: 残り

S:無振り+2

技構成

めいそう

くろいまなざし

ねむる

シャドーボール

今季の対受けループ枠。のせいで序盤使っていたが通り辛くなった上に、アタッカー入りの受け4,5体の構築が多かったので、対策としてを試してみたかった。

採用理由としては、の「ちきゅうなげ」、の「ボディプレス」を無効にできる為、の対面を誘いやすく、と対面したら「くろいまなざし」からTODにはダイマックスで弱点保険発動→ダイホロウで切り返えせる。

同じ役割をこなせるの方が毒を無効にできて適任かもしれないが(最初はこっちを使ってた)、炎と地面弱点を増やしたくなかったのとそもそも身代わりが受けループ対策として有名で警戒されることもあり、見た目が好きで使いたかったを採用した。


エルフーン

f:id:r855:20200701180225p:plain

特性 いたずらごころ
持ち物 たべのこし
性格 ずぶとい
実数値 161(204)-64-150(252)-97-102(52)-136
調整意図

H:16+1

B:振り切り

D:余り

技構成

みがわり

やどりぎのタネ

コットンガード

ムーンフォース

昨季から続投。

特殊型が増えたことで出番は若干減ったが、やっぱり対策が薄くなりがちで雑に選出しても完封までは行かなくても良い具合に荒らしてくれる。

途中で草食滅びが使いたくて入れ替えたが、電気の通りがさらに良くなってしまい、に苦戦→電気の一貫を切る為にを採用するも使いこなせなかったりとかなり迷走したが、を戻して全部解決した。

S2かS3ぐらいでどこかの記事の調整を真似してそのまま使ってるので、そろそろ環境に合った調整にした方が良いかもしれない。


メタモン

f:id:r855:20200701180441p:plain

特性 かわりもの
持ち物 こだわりスカーフ
性格 まじめ
実数値 155(252)-68-68-68-68-68
調整意図

H:振り切り

技構成

へんしん

いつもの

初手ダイマックス構築だと、早めに相手のダイマックスを誘えるので、昨季よりもさらに使い勝手が良くなった。たぶん8割ぐらいは選出してる。

選出

基本選出

or+から2体

初手でダイマックスして後ろの2体で詰める。選出は単純だが、初手でダイマックスを切ると相手も何とかやり過ごそうとしてくるので、最初の3ターンは常に読み合いになることが多く、立ち回りは思ってたほど単純には行かなかった。

vs受けループ

+

この並びが一番安定した。 で相手の受けを嵌めてそのままTODを落としてからと絡めて嵌めることが多かった。

厳しい相手

系統+

こちらの構築の系統への安定打点が基本的にノーマル技と格闘技なので、この2体で上手くダイマックスを枯らされることが多かった。


初手以外でのダイマックス

処理ルート少なく、警戒すると他のところがケアし切れない。を選出してなければ時間の無駄なので早めに降参。


鉢巻


特殊受け+後発弱点保険


麻痺撒いてくる相手全員


最後に

念願のレート2000達成!昨季は後一歩届かず悔しい思いをしたので、今季は早めに達成できて安心しました。

好きなポケモンを使って達成できたこともあって大満足です。

ツイッター https://twitter.com/r_pile855