【剣盾S21 シングル・最終401位(2001)】縮小バトンダイナ < ウオノラゴンで殴る

構築&成績

f:id:r855:20210829194205j:plain

【成績】
最終順位:401位
レート: 2001 f:id:r855:20210901175547j:plain

もう一つの使用構築

1つのロムで2つ構築を使いまわしていましたので、もう一つの構築も記事を書いてます。 r855.hatenablog.com

構築経緯

ダイマがない環境なので縮小バトンをやってみようと思い、志摩さん(@V_limeri)のスパイクチャレンジでの構築記事を参考にすることにしました。

blog.livedoor.jp

まずはバトン先として適正がありそうなを考え、今回はバトン以外の裏選出を用意したかったので汎用性で勝るを禁伝枠として採用。


バトン役は元記事のサンのみを採用し、が自分でCを上げる手段がメテオビームしかなかったので、にめいそうとコスモパワーを両採用して相手によって打ち分けられるようにしました。

の持ち物はのサンの実を生かせて耐久型との積み合いに 強く出れるピントレンズにしました。



壁は貼り役は裏選出にも対応できるポケモンがいいと考えていたところ、志摩さんが葉桜杯で優勝した際に使用したの構築記事が上がっていたのでこれもパクらせてもらってバトン軸の両壁・裏選出のトリル月光乱舞要員のと裏選出のエースとしてを採用しました。

blog.livedoor.jp



この並びだと黒い霧に対して薄すぎるので、にチョッキを着せてぶんまわすを覚えさせました。

最後の枠には趣味枠としてを無理やり採用して構築が完成しました。


バトン軸をメインにしつつ、裏選出でに暴れてもらう予定でしたが、トリル下でのがあまりに強すぎるせいで気づけば縮小バトン軸が裏選出になっていました。


個体紹介

ウッウ

f:id:r855:20210830014251p:plain

特性 うのミサイル
持ち物 きあいのタスキ
性格 むじゃき(↑S・↓D)
実数値 145-106(4)-75-137(252)-103-150(252)
調整意図

CSぶっぱ、残りA

S-1の上を取るため最速

技構成

なみのり

じごくづき

こごえるかぜ

こらえる

ほぼ趣味枠です。7世代のギミック構築におけるのような役割ができないかなと思っていましたが、やはり火力の差があまりにも大きかったです。

開拓の余地はありそうですが、 吹き飛ばし、挑発、積み技辺りが追加されれば化けそうな気がしてるので今後に期待。

選出率がダントツの最下位でしたが、それでも固有の役割を持てるという強みはありました。一番の強みはやはり挑発や身代わりを気にせずに麻痺を入れやすいことで、さらに襷を盾にして最低限(?)の対面性能を確保することができます。

ダイマックスがなくなったことで、初手ダイロックやダイアイスで出落ちする心配がなく、ラム持ちが環境に少なかったこともあって不安要素は少なめでした。

じごくづきは対へのストッパーにもなれるように入れましたが、性格補正がないと252振りでも確定1発取れません。なみのり、うのミサイルを絡めて対面処理はできますが、こらえるのタイミングで身代わりされると負けてしまい、ラス1対面でもストッパーの役割がこなせなかったりするのでやっぱり初手に投げたいポケモンでした。

禁伝とダイマがいなければ選出率も上がりそう。


クレセリア

特性 ふゆう
持ち物 ひかりのねんど
性格 のんき(↑B・↓S)
実数値 227(252)-90-189(252)-95-151(4)-81
調整意図

HBぶっぱ、残りD

S0最遅、A個体値は妥協

技構成

ひかりのかべ

リフレクター

トリックルーム

みかづきのまい

サポート枠・過労死枠


バトン選出をする際は壁貼り、トリックルーム、自主退場。
それ以外では初手でで荒らした後にに引いて、トリックルームみかづきのまいでトリル下ので全部破壊する。狩り残しは復活した初手要員で何とかする。

1回受け出してからトリルを張れる耐久が絶妙で、特化じゃないの+1きょうじゅうざんを乱数86.7%で2発耐えてくれます。もう一つの構築では元記事通りオボンのみを持たせてますので、A特化に対しても後投げは安定しますが、こちらの構築では持ち物をひかりのねんどに変えたのでA特化には基本的に後出しはできません。

シーズンを通してA特化にあんまり当たりませんでしたが、29日に撤退した後にA特化ザシアンが増えてるというツイートを度々見かけたので運が良かったです。
ちゃんとオボンを持たせればに後投げしてからのトリックルームみかづきのまいが安定するのでもっと使われていいポケモンだと思います。かみくだくの採用率が上がらなければですが。


ピクシー

特性 てんねん
持ち物 サンのみ
性格 のんき(↑B・↓S)
実数値 202(252)-90-137(252)-115-111(4)-72
調整意図

HBぶっぱ、残りD

トリル下で動かすので性格はのんき

技構成

ちいさくなる

めいそう

コスモパワー

バトンタッチ

バトン役


の火力を上げたい時と、バトン際の物理攻撃が不安な場合があったので瞑想とコスモパワーを両採用しました。

元記事で採用されている身代わりを切ってしまったことで、サンの実を発動したい時に技を避けてしまった際の体力調整ができなくなったり、壁込みでも禁伝環境では耐久が怪しかったりと悩み所は多かったので所説枠ですが、一定数いた小さくなるバトンよりも並びから意図がバレづらいという強みがあったのでそのまま使い続けました。


なぜか挑発に対しては異常な回避率を発揮してバトン前に詰むことが少なかった優秀な子でした。


ランドロス

特性 いかく
持ち物 とつげきチョッキ
性格 いじっぱり(↑A・↓]C)
実数値 189(200)-216(252)-110-112-100-118(56)
調整意図

HA

SはミラーとHB意識

技構成

じしん

ストーンエッジ

ぶんまわす

くさむすび

耐性も数値も優秀で困った時に選出していた枠

対面でに強く、とつげきチョッキの+1アストラルビットを耐えてぶんまわすで返り討ちにできる。


受け構築に対してもの禁伝をはじめ、取り巻きのに強い点が優秀でした。

弱点としては へのストーンエッジを外して火傷貰ったり、の熱湯で一発で焼けたり、から冷凍ビームが飛んできたり、に対して打点がなかったこと。


2000に乗せて撤退する前日から明らかにから氷の牙が飛んでくることが増えてきていたので、早めに目標を達成できて安心しました。


ウオノラゴン

特性 がんじょうあご
持ち物 いのちのたま
性格 いじっぱり(↑A・↓C)
実数値 197(252)-156(252)-120-81-101(4)-95
調整意図

HAぶっぱ、残りD

技構成

エラがみ

サイコファング

みがわり

ねむる

トリル下での制圧力が異常で裏選出のつもりがいつの間にか構築のエースになっていました。

途中まで鉢巻きで運用していましたが、技が打ち分けられないと絡みの受け構築に対して弱く、トリル下でエラがみに対してで受けに来られると先制エラがみでも確定3発でトリルターンを枯らされてしまいます。

途中で択にはなりますが、珠サイコファングなら無振りのを乱数2発(97.7%)で落とせます。

ドラゴン技も欲しい所ですが、候補が拘ってしまう逆鱗と、全く当たらないドラゴンダイブだったのでどちらも採用しませんでした。代わりに身代わりを採用することでトリルのターン調整と、対受けループでのトーチカを回避しつつ身代わりを残せるので受け構築の相手がかなり楽になりました。

途中でちょすいが急に流行り出した時は本当に頭を抱えましたが、徐々に消えてくれたので終盤は変わらずトリルから脳死で殴ってるだけで勝てました。

ムゲンダイナ

特性 プレッシャー
持ち物 ピントレンズ
性格 おくびょう(↑S・↓A)
実数値 215-94-115-197(252)-116(4)-200(252)
調整意図

CSぶっぱ、残りD

技構成

ヘドロばくだん

かえんほうしゃ

コスモパワー

じこさいせい

元々の役割であるバトンエースとして耐久・素早さは申し分なく、プレッシャーや回避率アップで鉢巻き以外のの暗黒強打をはじめ苦手な技を枯らせる点は優秀でした。

詰ませ性能は高い反面、バトン先として不便に感じた点としては、自分でCを上げる手段がメテオビームしかなかった点と能力を上げた後のアシストパワーでごり押しという選択肢が取れないので、バトン先1体で相手の3体を突破するという構築の前提が難しい場合もありました。

バトン選出時の火力面を多少補う為ににめいそうとサンのみを持たせ、にピントレンズを持たせたことである程度は改善しましたが、結局相手に高耐久再生技持ちが多い場合は素直に別の選出に切り替えることにしました。

バトン以外の選出に関してはどの選出にも安定して組み込める万能さがありました。
・サイクル要員
・単純に壁+コスモパワーで詰ませる
・初手に投げて荒らした後に月光乱舞で再出勤


2Wにする場合の攻撃技はかなり所説ありで
・ミラーと最大火力のダイマックスほう
・一致技かつ毒を入れられるヘドロばくだん
や鋼タイプ用の火炎放射
に強く、通りの良さとDダウンにも期待できるシャドーボール

上記の4つが候補だと思いますが、この構築では辺りが重かったので火炎放射はまず確定としました。もう一枠はシーズン中ずっと変えながら回していましたが、結局その時期の体感での遭遇数によって技を変えていましたので記事では一番多く使ったヘドロばくだんにしました。

選出パターン

・初手で荒らしてからトリル+三日月の舞で詰める、裏選出のつもりがメインの選出になった

or


・メインになるはずだった縮小バトン選出




・壁が不要な際の縮小バトン選出




・サイクル回しつつ、壁からコスモパワーで詰ませるか月光乱舞で切り返す




・対受け回し

の中から刺さってる4体

厳しい相手・並び

 対面で勝てるのがしかいないので毎回択になる

 やどりぎ、あくび、ステロがあるせいでで常に不利な立ち回りを強いられる

 誰も受け出せないので頑張って対面で処理するしかない

 唯一相性有利ながバトン要員なので相手の型次第、一応が特化あくのはどうを耐えるので、受けに入ってるタイプじゃなければトリル展開で対処は難しくない

(眼鏡) 麻痺がに入ると全部に上から殴られて負け、の挑発でバトン選出もできない

最後に

構築の軸になった記事を書いてくれた志摩さんに感謝しかありません。
志摩さんの構築記事はどれも個性的な構築で面白いので読みましょう。 もう一度今回参考にした記事を貼っておきます。 blog.livedoor.jp blog.livedoor.jp


こっちは使っていた自分のもう一つの構築記事です。

r855.hatenablog.com

やっぱりダイマックスはないほうが個人的には楽しいです...


何かあればツイッターまで https://twitter.com/r_pile855